新しい薄毛対策

病院

自然に薄毛が治る

薄毛を治すには、育毛剤を使用する、病院で薄毛治療を受ける、かつらや増毛をするなどの方法があります。育毛剤を使用してのホームケアや病院での薄毛治療は、結果が出るまで時間がかかります。即効性があるのがかつらや増毛ですが、仕上がりが不自然になります。それらの欠点をカバーした薄毛治療が「自毛植毛」です。人工の毛を使用する一般的な植毛とは違い、自毛植毛では自分自身の健康な髪を採取して一つ一つ移植します。後頭部エリアや側頭部エリアにある、生まれつき男性型脱毛症になりにくい頭皮と髪を移植するので、生着すれば髪が生えてきます。自分自身の髪が自然に生えてくるので、周りに気づかれることなく薄毛を治すことができます。

メスを使わないで出来る

自毛植毛手術は東京都内のAGAクリニックや植毛センターなどの専門機関で受けられます。東京なら世界最先端の手術を導入しているクリニックが多く、沢山の薄毛を諦めていた人達を救っています。植毛手術にはメスを使用しない手術とメスを使用しない手術があります。小範囲の植毛の場合や、体に負担をかけたくない場合は、メスを使用しない手術がお勧めです。メス不要の植毛手術のことをFUE法と言います。FUE法ではパンチを使用して頭皮から細胞を採取します。そのため、傷跡は最小限で済みます。FUE法は多くの東京のAGAクリニックで導入しています。東京には全国でもトップクラスの症例数を誇るクリニックがあるので、安心して手術を受けることができます。